ブログ

食事とお酒の相性について


お酒は食事をよりおいしく楽しむための物であり、食事との相性を考えて飲みます。

たとえば西洋料理の食卓では次のように飲まれます。

 

食前酒 

食前酒に向くカクテル(キール、カンパリソーダ、ミモザなど)やシェリー、ベルモットなど

好みによって飲まれる。

 

オードブル

一般的に辛口の白ワイン。生ガキや海老、カニのカクテルなどによく合う。

 

スープ

原則としてワインは飲まない。

 

魚料理

白ワイン、前の白ワインよりこくのあるもの

 

肉料理

赤ワイン、味付けの淡いものには軽いワイン。濃い料理には力強い赤ワイン。

 

チーズの時

白かびチーズなら赤ワイン。青かびチーズなら甘口でこくのあるワイン。

 

菓子(ケーキ)の時

冷やしたマデイラ坂など甘口のデザート・ワイン。

 

果実の時 

一般的に甘口の白ワイン。

オードブルからここまでが食中酒といい、それぞれの料理の味をこわさず、

風味をよくするために飲む。

 

c6d6adfe891c16b3a160c14678e12f27_s
 

食後のコーヒーのあと、ブランデーやリキュールを飲むがこれは食後酒といって消化を

助ける働きをする。必ずしもこうでなければならないという決まりではないが、

料理を楽しむための選択として覚えておくとよいでしょう。

 

 


2 / 3123

〒760-0043 香川県高松市今新町5-1 TEL.087-821-5729 FAX.087-823-2822
[取り扱い商品] 鴨肉、フカヒレ、からすみ、水産品各種、ゆば、さぬきうどん、オリジナル加工品、調味料、料理演出小物、その他